今回の風俗がすごく良かったので体験談をご覧ください。

気持ち良すぎた風俗

スタッフの言葉は信じたい

投稿日:2016年6月25日

なかなか感触の良いTEL番スタッフに好みのタイプを伝える。「この子がピッタリです」と自信満々に言うので信じる。ホテルでルームナンバーのTELを済ませ、プロフ確認したところたしかにプロフィール的にはよさげだったので期待。早速、シャワールームへのお誘い。簡単に洗って終了。全て私だったので、期待度がゼロに。ベッドで待っていると、なかなか出てこない。チラッと覗くと、手にスマホを持っているので、たぶん、メールでもしてるんじゃないかと。若いデリヘル嬢って、当たり外れが激しいなと痛感して待つこと10分。「お待たせ?」とスマイルで戻ってきたが、なんとなく冷めた私がいた。しかし、内容が良ければいいとガマン×2照明を下げてサービスは始まりました。時短モードな攻めでしたが、フェラチオ等は丁寧で上手いと感じた。スマタはされる方がスキってことで、正常位のスマタで攻める。お互いに感じ合って放出し終了。終了後も、冷めることなくイチャイチャ感があって、適度に楽しめた。

ハグはテンション上げ上げ効果的

デリヘル嬢は私の肩や腰に手を回してきて、私も女の子を抱き締めました。髪の毛もすごくいい匂いのため、かなり勃起していました。私もその日はスーツを着用していたので、女の子に後ろ向きになってもらい、私の下半身におケツを密着させてもらいました。まだシャワーを浴びていないので、密着すればする程ガマン汁が出てきてしまい、気持ち良くなっていきました。気持ち良くなってきたところでシャワーを浴びながらトークをしました。シャワーを浴びた後、女の子はパンツスーツに着替えてもらい、私も再度お店にスーツを着ました。オフィスプレイや電車を想定しながらのプレイは最高であって、すぐにガマン汁が作られてしまいました。ベッドに移動してからもディープキッスをひたすら続け、お互いのスーツを脱がしていきました。お互い下着姿になってから、私が仰向けの状態になり、私の下半身に女の子のおケツを密着させました。私のブリーフが物すごく揺れていました。それから素っ裸になり、お互いに舐め合いながら、最後は口内発射でフィニッシュしました。